スキル向上のモチベーションを維持するために

看護師はとてもやりがいのある仕事です。看護師になろうと思う人は高いモチベーションをもって就職を希望していると思います。看護師は実際に就職してみると、仕事として毎日覚えることが多いなか、日々新しくなっていく医療技術についていくために仕事と並行して勉強もしなくてはならないことに気づくかと思います。そして、忙しい中勉強を行うためには、看護師という仕事に対する高いモチベーションとそれを維持できる環境が必要になってきます。

 

しかし、実際には高いモチベーションの維持を難しくする悩みが多くあるようです。

 

1.自分が希望する科に入ることができなかった
看護師は希望して病院に就職するわけですが、実際にどの科に配属されるかは病院側が決めることです。ここに本人の希望はあまり反映されません。これは個人で面接を受けても、看護学校を卒業し病院単位で採用された場合でも差はありません。

 

しかし、希望と違う科で漫然と仕事をこなしているだけでは何も変化はありません。看護師としてのスキル向上も、このままではなかなかしづらいのでは、と思う看護師も多いと聞きます。

 

2.周囲の看護師と向上心に差があり、モチベーションが上がりづらい。
スキル向上のためには、空いた時間を利用して勉強をしたいところです。しかし、周囲の仕事仲間が時間が空いてもとくにすることなくおしゃべりで時間が過ぎてしまう、というのはよくあることのようです。自分1人だけでも勉強をしたいところですが、そうした場合仕事環境としてはあまりよくない問題が出てきそうです。また、そんな環境で勉強をしても、モチベーションを維持しづらく効率もよくないと思われます。

 

このように、やる気をもって看護師となっても、その後高いモチベーションを維持することが難しいとかんじる人は多いかと思います。では対処方法を考えて見ましょう。

 

1つは、科の異動願いを申請してみることです。科の直属の上司に申請することが多いと思いますが、病院によってはまわりの環境を配慮しての匿名申請ができるところもあります。申請が通り、希望の科に配属されれば、モチベーションを立て直すことができるでしょう。しかし、当然ながら異動が認められるかどうかの判断は病院側が行いますので、希望通りにいかないことが多いのが現状です。

 

もう1つは、転職、つまり病院を変えるというものです。転職というと、また1から就職先を探さなくてはならなく、仕事をしながら探す余裕はないと思われがちです。そこで、看護師専門の転職先を紹介している転職エージェントに、転職先を紹介してもらうという方法があります。

 

転職エージェントは、スキル向上と仕事を並行したいあなたの希望を詳細に把握してもらえます。もちろん、転職先である病院についての情報も詳細に把握しています。これらの情報をもとに、あなたに見合った転職先を紹介してくれるでしょう。


このページの先頭へ戻る