病院に就職したいが、どの病院にするか悩むとき

看護師に限らず、就職先を決めるときには、多くの職業から選び、自分に一番合う仕事はどれなのかと、日々考え探されていることだと思います。悩むのは、みなさん同じです。その悩んだときに、少しでも自分に合う仕事を見つけることができるよう、考えて欲しいポイントをあげてみます。

 

就職先を病院と考えるとき、お住まいの地域の病院を調べたことがあるでしょうか。大学・専門学校の多くの周りには、まさしく、選ぶほどの病院があります。総合病院、個人の専門外来、地域密着型の病院など、さまざまな種類があります。そこで、自分が働く姿を想像できるでしょうか。働くということは、自分がその場に立つということです。

 

就職先を探すことにしたとき、一番に思い浮かぶのはハローワークという施設ではないでしょうか。仕事を探す人なら、一度は足を運んだことがあるであろう場所です。専用のパソコンから、自分の探す条件を入力し、仕事を探します。そして、気になる募集先を1件ずつ当たっていくのです。

 

この方法だと、確かに自分の足で仕事を探している感覚はあります。しかし、多くの時間と作業量がかかってしまうのです。もっと素早く、もっと的確に、自分に合う仕事を見つけることができると助かることでしょうか。

 

やっと見つけた仕事で、面接をされて採用になったとします。しかし、仕事はこれからという時に、デスクについて職場の環境が悪いことに気づいたり、人間関係が悪く、初日から気が滅入っていしまった、という例もあります。仕事をするには内容も大切ですが、仕事環境や人間関係も大切です。そしてこれらは、残念ながら面接官との会話からは探りきれないことです。

 

しかし現在、就職先を見つける情報として、インターネットの利用が一般的となっています。ハローワークの多くもインターネットから利用できます。さらに便利なのが看護師専用の求人サイトも存在することです。ここでは採用情報のみならず、職場環境や人間関係などの本当に欲しい情報も、自分で質問し、利用者の口コミを参考にすることによって、採用前に得ることができます。大切なのは、自分が何を知りたいのか、疑問を明確にすることです。質問が決まると、そのことを中心に調べましょう。多くある病院の中から、きっとあなたに合う病院が見つかることでしょう。


このページの先頭へ戻る