看護師の仕事で多い上司によるパワハラについて

看護師の仕事は、上下関係が厳しく他の仕事と比べるとパワハラを感じて離職してしまう人が多いようです。パワハラは、直属の上司から嫌がらせなどをされることで心が弱い人ですと精神的にストレスを抱えてしまいます。

 

よくあるケースとしては、職場の医師や看護師長たちから言葉の圧力をかけられて辛いという声があります。役に立たない、物覚えが悪い、頼りにならないなど良く仕事が出来るスタッフと比較対象にされて自分の存在をけなされてしまいます。悪口を言う割には、アドバイスなどをせずその場の気分で傷つけることを言ってくるのです。

 

他には、無視ということもあります。中には職場のスタッフ全員を巻き込み無視をするように促す陰険な職場もあり、こうなるともはやいじめと変わりません。看護業界は上に立つものの権力が強い職業ですから、もし逆らったら次は自分が標的になるのではと思うと逆らえないと感じてしまう人が多いようです。

 

このような事態になった時は、問題人物よりもさらに上の位置に属する上司に直談判をしてみるか、労働組合に訴えてみるか、弁護士をたて法廷の場で決着をするか、他の職場を求めて転職するかのどれかの選択になると思います。

 

もし上司に相談しても特に変わりがないようなら、諦めた方が良いでしょう。労働組合も、名ばかりの職場が多い傾向があるのできちんと組合がされていない問題点があります。

 

法廷の場で決着をつけるときは、時間とお金が膨大にかかります。また、嫌がらせの場合はきちんとした証拠がないと裁判でも有罪を得ることは難しいです。もし裁判で自分が勝ったとしても、同じ職場で働くならまたその上司とのトラブルがあるかもしれないので逆に前よりも関係がこじれて事態が悪化してしまうかもしれません。

 

ですから、一番良いのは看護師専門求人サイトを活用して現在よりも良い職場へ転職することではないかと思います。専門のアドバイザーが自分の悩みなどを全部聞いてくれて適した職場を紹介してくれるので、きっと気持ちよく働くことが出来る職場に転職をすることが出来ると思います。

 

看護師の求人は多くの職場が求めていますので、資格があるのに環境が嫌だから辞めてしまうという事は大変もったいないことではないかと思います。数多く求人があるのですから、必ず自分に適した職場があるはずです。転職に躊躇する人もいるかもしれませんが、働く環境が良ければ心身共に充実した日々を過ごすことが出来るでしょう。


このページの先頭へ戻る