通勤時の身だしなみも制限される職場も…

「白衣の天使」とも言われる看護師は清潔さが命です。患者からすれば、清潔な服装や身だしなみで看護をしてくれる看護師は大変な安心感があり、そこには不潔さとは縁遠い世界でもあります。そのため、勤務時間中の服装については大変厳しく決められている職場もあるようです。看護師として勤務するからには、勤務中の服装の重要性については理解した上で就職しているケースが当然です。

 

ところが、勤務時間外の服装まで厳しく制限している病院があるとのことです。これは何も珍しい話ではなく、勤務時間外であってもミニスカートを禁止する病院もあります。看護師からすれば、勤務中は白衣を着ていますし、仕事中なので服装のことで制限があっても、それは仕方のないことだと割り切って仕事をするでしょう。ただし、勤務時間外まで言われてしまうのは、職場への不満を高めてしまう結果となってしまいます。事実、そういった制限が嫌で他の病院に移る看護師も少なくないのです。

 

前述のミニスカートの件を例に出すと、どの短さまでが許容されるのかということについて、双方の認識の違いがあったりもします。病院は自分たちが取り決めたルールが普通であると思っています氏、看護師は看護師で、自分たちはここまでの短さが普通だと思っているので、段々と意見が食い違ってきたり、意識の違いから職場を辞めてしまうことにもつながりかねません。

 

この問題を例にあげると、勤務時間中以外でも服装がある程度認められる、あるいは全く干渉されない職場というのはどういったところがあるのでしょうか。そういった疑問を解決してくれるのが看護師専門の求人情報サイトです。こういったサイトを使うことで雇用のミスマッチを防ぐことができます。

 

看護師専門の求人情報サイトでは、服装規定なども加味した求人情報が掲載されていたりします。普通の求人誌などでは服装規定まで知ることはほぼ不可能です。そこまでは一般の求人情報には掲載しないからです。そこを分からずに就職した結果、前の職場よりも服装に関しての規定が厳しかったなどというミスマッチが起こる場合がります。

 

そうした失敗を起こさないためにも、看護師求人サイトを利用し、自分の人生に悔いがないように就職先を決めるようにしましょう。


このページの先頭へ戻る